京都必去清水寺!怎麼拜、如何拜!?你懂拜嗎?

台灣人最愛去旅遊的國家-日本是一個現代與傳統交雜的國度。特別是京都。古色古香的街道是各國觀光客的人氣首選。去寺廟參拜也是很多人的必備行程。但是去到了廟裡手要拍幾次?鞠躬要鞠幾次?你真的知道嗎?今天小編就來到京都清水寺,教大家怎麼拜日本神明才不失禮!

清水寺

View this post on Instagram

CONTACT Where the World Meets Japanese Art and Culture | CONTACT つなぐ・むすぶ日本と世界のアート展 9.1 – 9.8, 2019 www.contact2019.com 場所:西門 Sai-mon 加藤 泉 Izumi Kato 3年に一度、世界の美術館、博物館関係者が一堂に会するICOM(アイコム/国際博物館会議)。本年実施の京都大会を記念し、9月1日(日)から8日(日)まで当山諸堂にて、日本と世界アートにおける両者の接点(コンタクト)をテーマにしたアート展が開催されます。 「美術、文学、映画、マンガの各分野で、世界と日本のアーティスト、クリエイターがどのように影響を与え合い、響き合ってきたか。その軌跡を展観する」ことを趣旨に、アンリ・マティス、宮沢賢治、手塚治虫など、時代や国、ジャンルを超越した作品が集結。展覧会の総合プロデューサーの小説家・原田マハ氏による全作品の解説と、展覧会の関連小説書「20 CONTACTS 消えない星々との短い接触」からの一部抜粋が掲載されたタブロイド紙が無料配布され、小説と合わせて作品を鑑賞できる大変ユニークな内容となっています。
会期中、大講堂ではトークイベントも開催。俳優の竹中直人氏や、映画監督の山田洋次氏といった多彩なゲストと原田マハ氏のアート談義が展開します。 通常非公開の成就院と、重要文化財・経堂を会場として特別に内部公開するほか、西門と馬駐には加藤泉氏の新作が展示されるなど、屋内・屋外の各所で作品を鑑賞いただくことができます。お参りと合わせ、境内をゆっくりと周って、心豊かな時間をもっていただければ幸いです。

A post shared by 音羽山 清水寺|Kiyomizu-dera temple (@feel_kiyomizudera) on

這座清水寺是京都最古老、依山而建的寺院,在1994年被列為聯合國教科文組織世界文化遺產名錄,也是日本的國寶之一呢!

清水寺共有五個重要的區域,可先從氣派的仁王寺正門進入後,就可以看到日本最高的三重塔。繼續往上走就是清水寺的正殿,正殿突出的地方,即是大名鼎鼎的清水舞台,經過了漫長的路程到這個平台後,一眺京都市區的景色,真是有種說不出的感動呢。接下來便可前往左邊的地主神社,在神社入口有個大大的「緣」字,很多人從遠方前來此地只為了求得一段好緣份,聽說還頗為靈驗的喔,單身男女不可錯過!最後一個小景點是音雨瀑布,音雨瀑布總共分成三道,為學業、戀愛、健康,飲用者只能選取一道,並一口氣喝完才能成真喔!

正確的參拜方法

第一步就是站在殿堂的前面,將香油錢投到錢箱裡。(要投多少是隨意,但是日本人都說最好是五元。因為日文的『五元』跟『緣分』是同音,聽起來比較吉祥)

第二步行兩次禮。

第三步拍兩次手。

第四步最後再行一次禮。就完成了!

拜拜完之後當然要去享受一下美食啦~

清水坂

View this post on Instagram

‪Seiryu-e|青龍会‬

A post shared by 音羽山 清水寺|Kiyomizu-dera temple (@feel_kiyomizudera) on

這裡的「坂」是斜坡的意思,二年坂又名二寧坂、三年坂又名產寧坂。這條坂之路在櫻花和楓葉季的時候,人潮可是滿滿滿,在石板路兩旁可都是各式各樣的餐廳、商店,每一間都各有特色,非常好逛!這種具有傳統特色的商店街,把京都這個古都的特色完全嶄露無遺。如果在前面走累、肚子餓了,這裡也可以邊走邊吃補充體力!

看完有沒有覺得很想飛一趟日本啊?還不趕快訂機票!趕上櫻花季

下次再跟大家分享清水寺附近的必吃美食!請各位盡請期待喔~